オーディオで拘れることというのはそれなりにあります。例えばコードであったりすることもありますし、アンプであったりすることもあります。
色々な規格を使うことができるオーディオというのも利便性の高さから人気があります。しかし今時でもCDが使えることが最低限度のオーディオと言えるものであり、その上で出来れば電子データなどを再生できるようなオーディオを選ぶことがお勧めできます。
mp3という規格を使ってる人が多いですし、音楽を入れたUSBなどから直接再生できるようになっていた方がありがたいでしょう。
昔はオーディオといえば財産の一つでもあったのだけど今ではまさに消耗品として買い換えることも多くなっていますので、とりあえず試してみるということも決して悪いことではないでしょう。安くなっている、というのはとりあえずありがたいことになります。具体的にいますと、数千円単位のものでも今では綺麗に聞こえることができますし、配置などを考えれば音響なども素晴らしく調整できるようになっていますから心配無用です。